古紙回収では雑誌も回収している

古紙回収では、雑誌なども回収しています。新聞やチラシなどだけが、回収されているわけではないのです。新聞やチラシと一緒で、回収された雑誌はリサイクルに利用されます。普通に捨てたのでは、リサイクルに利用されることもありませんが、古紙回収に出せばリサイクルされて、また使うことが出来るのです。リサイクルに協力するということは、とても大きな意味があります。リサイクルされた紙は、もう一度使うことが出来るので、新しく紙を作るよりもよぽど地球に優しいです。新しく紙を作り出す場合には、木を伐採する必要があります。そして、伐採して紙を作る時には、たくさんの二酸化炭素を排出してしまいます。ですが、これがリサイクルで、紙を再利用して作ったのであれば排出する二酸化炭素を大幅に減らすことが出来るのです。木を守ることも出来、同時に二酸化炭素の排出量を抑えることが出来るのがリサイクルです。ですので、地球にも優しいのですが、私たちにもうれしいことはあります。リサイクルして作られた紙は、普通のものよりも安価です。ですので、流通する紙の値段が下がります。それはノートだったり、トイレットペーパーだったり、私たちの生活にはかかせないものです。

古紙回収車に古紙を出そう

古紙回収に協力するということは、とても意味があることです。なぜなら、リサイクルに協力することになり、それは地球のためでもあり、私たち人のためでもあるのです。紙を作ろうと思えば、木を伐採する必要があります。紙の原料は木なのですから当然です。その木は伐採してしまうと、また元の大きさに成長するまで結構な時間がかかってしまいます。そして、その紙は二酸化炭素を酸素に戻してくれる存在です。二酸化炭素を酸素に変えることが出来るのは植物だけです。人間は生きるために酸素を吸います。そして変わりに二酸化炭素を排出してしまいます。そして、何かを作り出す時には二酸化炭素を作り出してしまうことが多いです。例えば、火を燃やす時などにも二酸化炭素を排出してしまいます。ですので、木は私たちになくてはならないものですし、地球にも必要なものなのです。それを古紙回収に協力することで少しでも防ぐことが出来るのです。普通に作った紙よりも、リサイクルで紙を作った方が排出する二酸化炭素の排出量を抑えることが出来るのです。車などで定期的に古紙を回収しに来る業者がいると思います。その車が周って来た時に古紙を出せば、リサイクルに協力することが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*