読まなくなった雑誌は古紙回収に出すべき

もう今後読まないであろう書籍を古本屋に持ち込み換金した経験があるという多いでしょうが、書籍であればどのようなものであっても値段が付くというわけではないのでゴミとして処分しなければいけない書籍が出てくるというのも現実です。例えば週間漫画誌や週間女性誌のような雑誌は中古買取を行なってもらえない場合が多く、燃えるゴミの日に出しているといった方が多いというのが実情です、しかし派手に汚れが付いているようなものでなければ雑誌は古紙回収で引き取ってもらえるため古紙回収を利用した方がいいと言えるでしょう。古紙回収で持っていかれた古新聞や古雑誌はリサイクルされるというケースが多く焼却処分が行なわれません、燃えるゴミの日に出せば一般ゴミと同様に焼却処分されるだけなので環境保護や地域の綺麗さを保つことも興味があるという方は注意すべきだと言えるのです。ゴミの分別に関しては厳しく監視されているという地域もあれば比較的緩やかな地域も存在しています、あまり神経質になりすぎるのも良くないかもしれませんが出来る範囲でゴミの分別やゴミ出しのルールを守るようにすべきでしょう。一人一人の行動で地球美化に貢献できると認識を持つことが重要なのです。

その雑誌捨てるのちょっと待って、古紙回収に出してみたら意外と・・・

読んだ後の雑誌に価値なんかある訳ないと思っていませんか。そのままゴミ箱にポイしてる方もいるかもしれませんが、ちょっと待って下さい。実は日本に出回っている紙の原料のほとんどが古紙6割と、木材から作られたパルプ4割ででまかなわれていますが、使い放題使うばかりではいつか資源は無くなってしまいます。限りある資源を有効利用する為に雑誌の古紙回収が叫ばれています。家庭から古紙回収される紙類ですが、紙は特殊加工がされていないもの以外はリサイクルする事が可能なので、できるだけ細かく分別する事が必要です。分別の内訳としては「ダンボール」「新聞」「雑誌」「折込チラシ」「牛乳パック」となります。同じ紙でもリサイクルされないものとして、粘着物が付いた封筒、感熱紙、特殊加工された紙(ビニールコーティングされたもの)はリサイクルできません。リサイクルする過程で紙はドロドロに溶かされ再利用される為、コーティングされた紙類では加工がしにくい為です。これらの不純物が混じってしまうと紙の品質が落ち、紙を作成する過程で紙に穴が開いてしまう事があります。古紙回収は地方自治体が行っていますので、お住まいの自治体にお問い合わせの上、リサイクルに参加してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*